written by Pくん

ファミリーマート お母さん食堂 ごはんにちょいかけ!ごまみそ坦々

ファミリーマート/お母さん食堂
ごはんにちょいかけ!ごまみそ坦々
258円(税込)

見た目の印象

白飯に合うおかずはないかなーと、いつものようにファミマの棚を眺めていると、なにやら食欲をそそる商品を発見!

その名も「ごはんにちょいかけ!ごまみそ坦々」

どうやらご飯に具を乗せて食べるとのことで、白飯は汚して食べる派の僕にとってこの上ない商品。

こちらはスタンドパウチで自立するタイプの商品なので、電子レンジにこのまま入れて温めます。

時間は500〜600Wの電子レンジでおよそ1分10秒と幅があるため、お好みで温めて召し上がれ〜という感じみたいです。

電子レンジに入れる際、転倒防止のために先に袋の底を広げておくとバランスが取れるのでオススメです!

湯煎の場合は沸騰しない程度のお湯で約5分。ご飯パックを電子レンジで温めつつ、ごまみそ坦々は鍋で…なんてあわせ技も可能ですね。

原材料はたけのこを始めとする水煮野菜に豚肉に加え、ねぎやにんにく、しょうがに豆板醤など中華風に味付けされているみたいです。

電子レンジから商品を取り出すと、蒸気口から漏れるごま坦々の香り!

パックをはさみでチョキチョキ。すり胡麻と香辛料の独特な香りがさらに広がります。

お茶碗にご飯を用意し、さっそくちょいかけしようと思ったところでふと疑問が。

ちょいかけして残りは保存をするには、別な容器に移さなければいけないのでは…?

一度温めてしまったものを冷やして保存しておくわけにもいかないため、お茶碗にかけて食べ切ってしまうことに。

なんだかプチ贅沢した気分…!

さっそく袋から具をオンザライスします。

盛り付け写真から、具は肉味噌でペースト状なものなんだろうなーと勝手に想像をしていたんですが、いざご飯にかけてみると汁気が多くてシャバシャバ。

器が小さいのが原因かなと思ったのですが、汁が器の底の方へ浸透していくようで、その結果具とのバランスが崩れてしまいました。

ご飯を用意する際は、お米の水分量に気をつけたほうが良さそうです。柔らかめがお好みの方は、箸で掴めないほどジャブジャブになってしまうかもしれませんので、少し固めのご飯を用意するといいかもしれません!

袋から出した時に薄々感じてはいたんですが、豆板醤が利いているようで結構辛い…。

上手な例えが出なくて申し訳ないのですが、四川風麻婆豆腐の豆腐ぬき、みたいな味を想像していただければなと。

パッケージには特に「ピリ辛」などの記載がないため、辛さを全く意識せずに食べたらビックリするかもしれません!

しょうがやにんにくの風味は感じられるものの、食感は水煮たけのこがシャキっとしている以外にあまり変化がないため少々退屈…。

さらに時間の経過とともに具が冷めていくと、味がガクッと落ちるように感じました。

冷たいままの具でも食べられるのなら色々と食べ方にアレンジが出来そうなんですけどね。

総評

個人的に甘しょっぱい肉味噌を期待していたのですが、汁気と香辛料の含んだ独特な辛味に引っ張られ、ちょっと難しい味だなという印象を受けました。

多少汁気があっても構わないので、せめて食べるラー油のように食感にもう少し変化が欲しかったかな。

あと、スタンドパウチにこだわらず小分けで使えるような形状だと「ちょいかけ」がよりしやすいかなーと。

「冷たいご飯にかけて一緒にレンジでチン!」だと、セットで温められ利便性も良さそうですよね。

お値段も258円と、ご飯にかけるだけの商品と考えると少々割高に感じました。

と、なんだか辛口な評価になってしまいましたが、すりごまがしっかり味噌に練り込まれており、ごまみそ坦々という名前に偽りはないので、辛いものでご飯が食べるのが好きな方にはぜひ堪能していただきたいです!

★★★★

表示

●名称:そうざい
●原材料名:たけのこ水煮、豚肉、ごま、しいたけ水煮、植物油、ねぎ、香味食用油、豆板醤、チキン・ポークスープ、チキンエキス調味料、にんにく、しょう油、みそ、ポークエキス、しょうが、清酒、砂糖、酵母エキス、発酵調味料、香辛料、食塩、全卵末、脱脂粉乳/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン)、乳化剤、カロチノイド色素、酸味料、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
●内容量:120g
●製造者:日本ハム食品株式会社 関東プラント

栄養成分表示:1袋(120g)当たり
エネルギー171kcal
たんぱく質7.2g
脂質14.0g
炭水化物6.3g
-糖質1.7g
-食物繊維4.6g
食塩相当量1.8g
※この表示値は目安です。