written by Pくん

人工甘味料・着色料不使用!キウイの酸味とヨーグルトの甘さのバランスが丁度良い ナチュラルローソン ドリンクヨーグルト キウイ

ローソン/ナチュラルローソン
ドリンクヨーグルト キウイ
140円(税込)

見た目の印象

ローソンのプライベートブランド、ナチュラルローソンシリーズから「ドリンクヨーグルトキウイ」をご紹介します!

ローソンはチルド系の飲料の種類が豊富で、そのなかでもグリーンスムージーは勢いがありますよね。Pくんのまわりでも結構飲まれています。もちろん僕も大好きです!

今回ご紹介するドリンクヨーグルトは、記事を書いている2020年7月現在、7種類が販売されています。

ローソンの公式サイトによると、2020年5月19日より順次リニューアルをしているそうです。ブランドリニューアルに合わせたんでしょうかね。

果物系は全部で5種類。その中からキウイフルーツをチョイスしたのですが、まあ〜とにかくパッケージがオシャレ。

カップ全体はやさしい緑色、そこにヨーグルトにダイブするキウイのイラストが描かれています。 競合するセブンイレブンやファミリーマートなどとのテイストが違いが見られて面白い。

ストロー脇に商品のこだわりポイントを発見。

  1. 人工甘味料不使用
  2. 香料不使用
  3. 着色料不使用

さすがは「ナチュラルローソン」と名のつくだけあって、パッケージデザインだけではなく商品そのものもナチュラルに寄っています。

個人的に人工甘味料の独特な甘みが苦手なのでこれは助かる〜。

ストローの素材にも気を配っているようで、一部に植物由来のプラスチックを使用しているとのこと。環境保護への意識が高くて素晴らしい。

ストローを蓋目がけてぶすっと刺そうと思ったのですが、中の様子が気になったので 2、3度上下に振ったあとフタをゆっくりと剥がすことにしました。

中を覗くとヨーグルトらしく乳白色一色。甘い香りが心地よい〜。 キウイの果肉はヨーグルトの中に入っているようで確認ができず。

さっそくストローでいただきましょう。

キウイをはじめ3種の果汁を含んだヨーグルトは、フルーティーで自然な甘さ。蓋を開けたときに見えなかったキウイの果肉もストローを通って口に入ってきます。

このキウイの甘酸っぱさとヨーグルトの甘さのバランスが丁度いいんですよ!トロっとしているのに不思議とゴクゴク飲めてしまいます。

ところで、キウイといえば特徴的である種の存在ですが、中にしっかりたっぷり入っています。 これに関しては好みが分かれるところかと思いますが、僕個人としてはキウイの種のシャリシャリとした食感が好きなので大満足。

飲み進めていくと、底の方に果肉と種が溜まっているので、ストローで残らずいただいちゃいましょう!

飲みづらい場合はスプーンを使って集めちゃっても良いかもしれません。

総評

いかにもローソンらしくナチュラル志向な商品でしたが、いかがでしたでしょうか。人工的な甘さが苦手なPくんにとって、安心して飲めるヨーグルトドリンクということで早くもリピーターになりそうです。

実はこの商品、日本で初めてヨーグルトを販売した老舗メーカー「チチヤス」が製造者なんです。

そりゃ美味しいわけだ。

ヨーグルトにはビフィズス菌BB-12が入っており、味がただ良いだけではなく健康面のサポートもあるのが嬉しいですよね。

次はストロベリー味を試してみたいと思います!

★★★★

表示

●名称:発酵乳
●原材料名:生乳、キウイソース[キウイ(果肉、果汁)、砂糖、デンプン、ピーチ果汁、レモン果汁、グルコマンナン]、乳製品、砂糖、水飴、デキストリン、寒天、(一部に乳成分・キウイフルーツ・ももを含む)
●内容量:200g
●製造者:チチヤス株式会社

栄養成分表示:1本(200g)当たり
エネルギー145kcal
たんぱく質5.2g
脂質0.9g
-炭水化物28.9g
-糖質28.6g
-食物繊維0.3g
食塩相当量0.2g
※この表示値は目安です。