written by Pくん

23種類のスパイスでじっくり煮込んだ本格カレー!芳醇でスパイシーなルーに大きな牛肉が4つも入って食べごたえ抜群!

ローソン/L Marche
ローソンプレミアムビーフカレー
386円(税込)

見た目の印象

以前、カレー好きなBくんによるファミマぐつぐつ煮込んだビーフカレーの商品レビューがありましたが、その影響を受け僕もPB商品のレトルトカレーを食べてみようかな?と思い、ローソンへ。

電子レンジや湯煎で温めるスタンドパウチのカレーが販売されていたので早速こいつを食べてやろうじゃない…ということで購入してみましたよ。

商品名は「プレミアムビーフカレー」。

プレミアムとうたいながらも、パッケージは料理と食材のイラストが描かれたローソンカラーを全面に押し出したデザインなところにクスッと笑いつつも、386円(税込)という1食分のレトルトカレーにしてはまあまあなお値段ということもあり、慎重にレビューしていきたいと思います!

パッケージにはローソンブランドおなじみの具材のイラスト。その下には

「23種のスパイスをコトコト煮込みました」の文字が!

裏返して原材料名を眺めてみるとたしかに見慣れない具材のオンパレード。生姜やフォンドボー、赤ワインにバターなどなど。

実はこの商品、ローソンと「mascot」の共同開発商品とのこと。Webで調べてみると、マスコットフーズという会社でスパイスを販売する会社だそうで、中でも「印度の味」というカレースパイスが大人気、とのこと。ワクワクが止まりません!

ということで、さっそく電子レンジで温めていきましょう。

袋の底を広げて電子レンジの中央に立てます。温め時間は500Wで2分20秒〜30秒。温めが足りないかな?という場合は、10秒ずつ追加してみるといいかもしれません!

いざ開封。

おおっ、スパイシーで刺激的な香り!!!

袋のなかには、まるで鍋でぐつぐつと煮込まれたかのような褐色のカレールー。

さっそく用意したお皿にかけていきましょうか。

ルーはドロっととろみのある濃いめのタイプ。野菜はにんじんが目視できましたが、大体はルー自体に溶け込んでいる様子。一方で目立っていたのがゴロゴロと大きめにカットされた4つのお肉。もう見るからに期待できそうな雰囲気です…!

さっそく食べてみましょう。

うん、結構辛い。

辛さはルーの色と香りから想像していた通り。一般的なカレールーの辛さに例えると、中辛と辛口のちょうど中間…といったところでしょうか。スパイシーな辛さのなかにフルーティーな果物の甘みを感じられるのですが、これがまた良いんですよね。ただ辛いだけじゃなく、しっかりマイルドな口当たりを演出していて奥深い味に仕上がっているなという印象を受けました。

一方ずっしりとした牛肉はじっくり煮込まれたものを使用しているようで、箸先で切り分けられるんじゃないかな?というほど柔らかい。口にいれると肉の旨みがじゅわっと広がり、スジっぽい感じもなくホロホロと崩れるので大きさの割に飲み込みもスムーズ。サイコロ状にカットされているんですが、その大きさはなかなかのもの。かなり食べごたえはあるなという印象ですね。

総評

値段的にかなり高めのハードル設定で食べることになりましたが、辛さもさることながらスパイスの香りが個人的にかなり好みで高評価!むしろ自宅にいながら500円以下で本格的なカレーを楽しめるしお得なのでは…?とすら思えてきました。食べごたえ満点のお肉の存在もポイントが高いですね。

全体的に大人向けに仕上がっているため、小さいお子さんや辛いものが苦手な方にとってはちょーっと難しい味かもしれません。「家でゆっくり美味しいカレーが食べたい」というシチュエーションにピッタリのこの商品、興味が湧いたカレー好きなあなたにぜひ食べてもらいたい一品です。

★★★★

表示

●名称:そうざい(カレー)
●原材料名:牛肉(カナダ産)、ソテーオニオン、アップルペースト、ビーフ調味エキス、香味野菜ソテー(たまねぎ、にんじん、セロリ、その他)、トマトペースト、デミグラスソース、砂糖、カレー粉、植物油脂、食塩、ひよこ豆粉末、ビーフオイル、生姜、フォンドヴォー、チキンエキス、香辛料、赤ワイン、バター、脱脂粉乳、乾燥にんにく/着色料(カラメル)、調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)
●内容量:200g
●製造者:宮島醤油株式会社

栄養成分表示:1袋当たり
エネルギー323kcal
たんぱく質11.7g
脂質23.8g
炭水化物17.3g
-糖質13.8g
-食物繊維3.5g
食塩相当量2.79g
※この表示値は目安です。