written by Pくん

油もフライパンも不要!電子レンジで1分30秒“焼かない”焼餃子が予想以上にジューシーでした

ローソン/L Marche
焼餃子
149円(税込)

見た目の印象

夜ご飯のおかずからビールのお供にまで、食事やお酒を飲むシチュエーションで歓迎されることが多い餃子ですが、ローソンから冷凍食品として「焼餃子」が販売されているので食べてみることにしました!

僕のなかでの冷凍餃子といえばフライパンに並べて焼くイメージでしたが、こちらの商品は電子レンジでワット数に応じた時間温めるだけの簡単調理。キャッチコピーに「レンジで簡単」と記載があるように、油もフライパンも使わなくていいんです。ちょうど良く焼き目がついた餃子を解凍するだけなので、焦がす心配もなし。電子レンジって本当にすごい。

加熱時間は500Wで1分30秒。

袋は開けずにパッケージのイラスト面を上にして置くだけでOKです!

ビックリされる方もいるかもしれませんが、加熱後はご覧のとおり袋がパンパンに膨らみます!一瞬破裂するんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、どうやらこの状態で問題ないようです。

よく見るとパッケージの中央に縦に伸びる線が確認できます。破裂しないカラクリがここにありそうですね。

袋をオープン!

餃子が5つ。

綺麗なきつね色に焼き上がった餃子が出てまいりました。

繰り返しになりますが、油も火も一切使っていません。

いやあ…電子レンジは魔法の道具ですね。

餃子の大きさは一般的なサイズ。

大人の僕は一口でパクっといけちゃいましたが、我が家の餃子好きの5歳児に食べさせたところ、ちょっと大きいらしく、2・3口で食べていました。タレはついていませんが、原材料にオイスターソースや醤油が入っており、そのまま食べてももちろん美味しいですし、お好みで醤油やらラー油やら準備しておくのも良いと思います。

皮はフライパンで焼いた餃子のパリパリ感はなく、もっちりとした食感。

「焼餃子」という商品名だけに残念な部分ではありますが、調理が電子レンジの場合どうしても食感が犠牲になるのは仕方がないことなんでしょうね。

皮の中身ですが、お肉のほかにキャベツや玉ねぎ、にら、にんにくが入っています。

これがジューシーで噛むたびに旨みが口に広がります。具のボリュームもケチケチせずにしっかり入っているので、見た目以上の食べごたえに満足です!

あ、にらやにんにくによる臭いはあまり感じませんでした。そういった癖があまりないのも、食べやすい理由の一つかもしれません。

総評

餃子の個数が5個とボリューム的にギリギリ1人前といった感じですが、餃子1個あたり30円という低価格と冷凍食品の手軽さは非常に魅力的だなと思います。

ご飯のおかずやお酒のおつまみとしてはもちろん、お弁当のおかずの一品として入れても喜ばれそうですよね。

製造・販売者は実はギョーザでおなじみの味の素!

加熱後はもちろん冷めてからも美味しいと感じられたのは、やはり冷凍餃子製造のノウハウを活かされているからでしょうかね。

キャベツが国産なのも地味に嬉しいポイントですよね。

他のコンビニからも冷凍餃子は販売されているため、今後そちらにも注目してみたいと思います!

ではでは〜。

★★★★

表示

●名称:ぎょうざ
●原材料名:野菜(キャベツ、たまねぎ、にら、にんにく)、食肉(鶏肉、豚肉)、豚脂、つなぎ(パン粉、でん粉)、ごま油、食塩、発酵調味料、砂糖、オイスターソース、ゼラチン、香辛料、皮(小麦粉、なたね油、粉末状小麦たん白、でん粉、しょうゆ、大豆粉、脱脂粉乳、卵白粉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、グリシン、キシロース、カゼインNa、乳化剤、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
●原料原産地名:国産(キャベツ)
●内容量:95g(5個入)
●販売者:株式会社ニチレイフーズ

栄養成分表示:1袋当たり
エネルギー190kcal
たんぱく質7.2g
脂質9.8g
炭水化物19.7g
-糖質16.8g
-食物繊維2.9g
食塩相当量0.90g
※この表示値は目安です。